2015年8月/最新情報

HOME > 最新情報 > アーカイブ > 2015年8月

2015年8月

9月27日スーパームーン中秋の名月 

秋のなく虫とお月見スポット。すすき野原を散歩するのも風情がありおすすめです。

第13回ヨルイチ

8月29日(土)午後4時~午後10時  夕涼みを兼ねて、昔なつかしい街並みにタイムスリップ。浴衣でお出かけもいいかも♡
(小雨決行、荒天時翌日順延)

主な会場となる武蔵五日市駅前から子生神社まで、1.8kmの街道は無料のヨルイチバスや人力車(500円)で移動することもできます。

ヨルイチのスローガンは「渋谷がまだ村だったころ、五日市は町だった」。五日市と言えば緑と水、渓谷の玄関口として各地から訪問客を迎える観光地のイメージが強いですが、かつては檜原で採れるスギやヒノキを江戸へと運ぶことで栄えた五日市街道の宿場でもあります。そんな五日市の地域資源である「市」を再現することで、地域の活性化を図ろうと2003年にスタートしたのがヨルイチです。
五日市を愛する地域の人たちの手で作り上げられていったこの催事も、映画『五日市物語』にもその模様が登場するなど、多くの人に知られるようになり、一晩におよそ3万人もの人々が詰めかける夏の風物詩となりました。

「和」「静」「暗」「スロー」「古」をテーマに100年前の街の雰囲気を再現するべく、当日の檜原街道は街の灯が消され、赤い布行燈にてらされた市が並びます。その数70あまり。氷屋さんの絶品カキ氷、お肉屋さんのコロッケ、お米屋さんのおむすびなど、街道沿いの飲食店がそれぞれ趣向を凝らしたヨルイチオリジナルメニューを店頭で販売します。また、履物屋さんは下駄に花緒をつける実演、呉服店では琴のほか和太鼓の演奏などの歴史のある町らしい催しを始め、天然温泉の足湯やミニライブ、コンサート……と夕涼みをしながら楽しめるイベントが盛りだくさん。
グルメあり歌あり、踊りあり。夏の終わりの週末、夜風に吹かれながら灯のともる街道を歩いてみるのはいかがでしょう?

 

小和田花火大会

8月15日(土曜日)

小和田花火大会・灯篭流しが開催されます。夕涼みを兼ねてぜひ見に行ってみて。

浴衣の持参もイイかも♡        

時間 灯篭流し 18時40分    

    花火    19時45分

 

小和田自治会館東側広場 飲み物 軽食の販売あります。

« 2015年5月 | メインページ | アーカイブ | 2015年9月 »

このページのトップへ