最新情報/コテージリバーティオ|武蔵五日市・秋川渓谷・キャンプ場・サマーランド・合宿

HOME > 最新情報

檜原街道交通規制のお知らせ9月28・29・30日  18:00~

9月28日(木)・29(金)・30(土)は阿伎留神社例大祭の為交通規制がありますので

迂回路等誘導の指示に従っていただき気を付けて来てください。flair

9月28日(木)18:00~21:00

9月29日(金)18:00~21:00

9月30日(土)18:00~21:30

規制区間はJR武蔵五日市駅前交差点付近の秋川街沿いの一部から檜原街道沿い東小中野バス停付近まで

天体観測 満月と木星の様子2017.4.11

雨上がりよく晴れて満月が輝き今宵は木星とスピカと満月の三角形。

月の右上に輝く星は木星(地球のおよそ11倍の大きさ)なんと、木星の衛星の数は60個以上も確認されていて中でも2枚目の写真に写るのはガリレオ衛星です。1610年にガリレオが木星の衛星の中で特に大きな衛星の4つを発見しました。

月と星の写真を撮っていたらたまたま入り込んだ物体に頑張ってピントを合わせ土星?土星の輪っか???とかなりのテンションで星空ガイド2017と星と星座の図鑑を開いたところガリレオ衛星ということが判明shine今日は図鑑で地動説と天動説についてもお勉強できました。ダイナミックな世界を感じられるひと時でした。

★4月22日土曜日、21時はこと座流星群が極大。空が大きく開けたなるべく暗い場所を探し、星空観測をお楽しみください。

こと座流星群の(出現期間は4月16日~4月25日です。)

★春から夏にかけて月と木星が接近する様子が毎月のように楽しめます。

★5月6日みずがめ座流星群ピーク(出現期間4月25日~5月20日)

 

東京都あきる野市戸倉の丘からリバーティオ方面

       2017.4.11

IMG_0226.JPG

木星ガリレオ衛星 ↓  

真ん中の輝く星が木星、他の小さな星は肉眼では見えません。

50倍以上のカメラで撮りました。   

IMG_0285.JPG

秋川渓谷の清流とカワガラス

川でよく見る野鳥 カワガラス。小さくてかわいく泳ぎが達者。盆掘川でみかけました。黒茶屋さんから沢戸橋を渡りさらにもう一つ先の新久保川原橋からのぞいた写真です。沢戸橋や新久保川原橋はハセツネ30Kで通過する橋ですがこの辺りはとても静かで渓谷と自然豊かな癒しの場所です。

近くには里山囲炉裏料理の黒茶屋や、日本酒しろやま桜や喜正の野崎酒造、あきる野市の廃校した小学校を地域の自然を生かした体験型施設に生まれ変わった戸倉しろやまテラスがあります。秋川流域ジオパークの展示室やレストラン食飲室(しょくいんしつ)があり給食プレートも人気です。

コーヒーや給食で人気の揚げパンも販売しています。

3階の化石の展示してある部屋からの眺めは昔、湖の底であった五日市盆地が見わたせます。地層や大地の事を説明してくれる先生も在中しています。

おすすめです。 東京都天然記念物樹齢400年の山桜(光厳寺)は戸倉しろやまテラスのさらに上へ進みます。戸倉城址は光厳寺からさらに登ります。

是非、素敵な計画を立ててお過ごしください。happy01

IMG_0109.JPGIMG_0110.JPGIMG_0176.JPG

IMG_0113.JPGIMG_0115.JPGIMG_0178.JPG

 

 

リバーティオから車で1時間 日原鍾乳洞

東京都西多摩郡奥多摩町の日原鍾乳洞。リバーティオからドライブで1時間。関東屈指の鍾乳洞。日原街道を車でどんどん奥に入っていくと

十数万年の神秘に出会えます。東京都指定天然記念物の日原鍾乳洞です。

帰り道、山の上になんとトロッコが走っていました。ついつい車から降りて周りのの景色を眺めるとすごい岩肌の中に人。クライミングも盛んなようです。

DSC04101.JPGDSC04075.JPG

DSC04093.JPGDSC04105.JPG

IMGP0542.JPGIMGP0560.JPG

IMGP0546.JPGIMGP0555.JPG

 

桜開花情報

東京あきる野市にもやっと桜前線が到達いたしました。

あきる野市戸倉にある光厳寺には東京都の天然記念物の桜が4本あります。

こちらの桜はもう少し先になりそうです。早いところではシャガが咲き始めました。

すっかり春めいた陽気になりあきる野の夏川遊びの季節ももうすぐです。

初夏の渓谷沿いは清流と新緑が美しく武蔵五日市駅から瀬音の湯までのハイキングもおすすめです。

自然に癒され贅沢な時間をお過ごしください。

IMG_0217.JPGIMG_0213.JPG

 

IMG_0221.JPGIMG_0214.JPG

あきる野市戸倉 光厳寺 樹齢400年の山桜  4月8日はお釈迦様の誕生日、甘茶が振るまわれます。

IMG_2513.JPGIMG_0222.JPG

天体観測 月の写真撮影

東京の西のはずれあきる野市は夜空がとてもきれいです。五日市は三方が山に囲まれ月夜が本当にきれいです。

月が満ちてきて掛けていく様子など観測。日々の表情の違いを並べてみました。日付と時間も載せてみました。

秋から冬にかけて天気が良いと空気が澄んで夜空もきれいです。

月は場所や時間によって山影に隠れてしまいますがベストスポットを探して観測すると面白いです。

IMG_0050.JPGIMG_0043.JPG

 

 

2016.11.9  21:17

IMG_3045.JPG

2016.11.11  22:22

IMG_3051.JPG

2016.11.15  21:35

IMG_3061.JPG

2016.11.17  21:10

IMG_3070.JPG

 

化石のある川原で化石発掘体験に挑戦!

コテージリバーティオにご宿泊のお客様からよくある質問で秋川渓谷はどんな遊びができますか?と。夏は川で泳ぎ・・・

春はお花見バーベキュー。秋は紅葉バーベキュー。冬は空気が澄んでいて散歩や山登りが気持ち良い。

冬におすすめなのは地層がむき出しになっている川原までのウォーキング。

歩いても行かれるのでチャレンジしてみて下さい。化石のある層を見つけ丁寧に地層をはがしてみて♡

この辺りは昔湖だったとか・・・もう少し下流の山側右からは象の化石も発掘されています。

周囲の山々を眺めるとすり鉢状の底にいます。大昔の湖だった大地をイメージ出来そうです。     

今回はわんこと小学生とウォーキング。 葉っぱの化石を見つけました。メタセコイヤの葉っぱの化石です。

IMG_0023.JPG

化石のある小和田の堰までは、リバーティオを出て左折。佳月橋を渡るコースで出発です。橋を渡り右折します。下流をめざします。

IMG_0005.JPGIMG_0006.JPGIMG_0007.JPG

カモが日向ぼっこしています。このあたりは、しょんべん淵と言われています。たくさん落ち葉あり焼き芋をしています。火の用心。 小和田橋が見えます。

IMG_0002.JPGIMG_0008.JPGIMG_0014.JPG

小和田橋を右手に渡らず直進       このあたり左段丘に阿伎留神社があります。竹やぶの階段を上がりすぐです。散策してみてください。

IMG_0016.JPGIMG_0017.JPGIMG_0019.JPG

化石があるのは堰よりも下流。気を付けて遊びましょう。黄色いまるあたりに地層が見えるでしょ?丁寧にやさしく掘ってね。 ※ゴミは持ち帰りましょう。

IMG_0021.JPGIMG_0022.JPGIMG_0025.JPG

魚釣りもしました。エサは魚肉ソーセージ

IMG_0028.JPGIMG_0031.JPG

 むかごとり (里山散策)

秋川渓谷リバーティオは東京の里山にあり、山や川に囲まれた自然豊かな場所にあります。

秋の楽しみ、むかごとり。

自然薯(山芋)のツルにつく実はフライパンでいって食べたりクリームチューに入れたり昔ながらの

味が楽しめます!

リバーティオの近所のお野菜無人即売所では秋の味覚、柚子や海老イモがお安く購入できました。

秋の里山、ワクワクです。

IMG_0189.JPG

 ハイキングコース 広徳寺 2016年

 東京都あきる野市にある広徳寺 武蔵五日市駅から川沿いを歩き

ハイキングコースが人気です。今年はとっても紅葉がきれいでした。

お寺の裏にある池や都の天然記念物のたらようの木にも何やら願い事や手紙が・・・・

リバーティオから徒歩で行かれます。コテージにお泊りの際には是非、お散歩でどうぞ。

IMG_3151.JPGDSC05624.JPG

DSC05633.JPGDSC05637.JPG

DSC05635.JPG

 

 東京都天然記念物 たらようの木⇓ 願い事書いてありました・・・

IMG_3196.JPGIMG_3195.JPG IMG_3187.JPG

DSC05636.JPGIMG_3172.JPGIMG_3187.JPGIMG_3214.JPG

天体観測 寝待ち月

IMG_3023.JPG

撮影場所 2016.10.20  東京都 あきる野市

昔、明かりの少ない時代は夜の月の光を、まだかまだかと待ったそうです。

満月から4日目の月は少し出るのが遅くなり寝待ち月とも言うそうです。

昔の人は夜8時には布団に入ったのでしょうか。寝て待つ月だから寝待ち月。

コテージリバーティオのある五日市は、月夜のきれいなスポットが多いです。

お越しの際には夜空の月をさがしてみてね。

 

アーカイブ

このページのトップへ